オーラルセックスによるクラミジアにジスロマック

ジスロマックは抗生物質のひとつで主に、細菌を殺菌するために用いられるお薬です。細菌が原因となる病気の治療に使われていますが、ジスロマックを用いる感染症でよく知られているのはクラミジア感染症です。クラミジア感染症はクラミジアトラコマティスと呼ばれる病原菌に感染することによって起こる病気で、性器に発症する性器クラミジアと咽に感染する咽頭クラミジアがあります。感染者との粘液接触や精液、膣分泌液などを介して感染する病気で、主にセックスによって感染します。性器クラミジアに感染している人に対してオーラルセックスを行うことによって咽に感染し咽頭クラミジアを発症することがあります。オーラルセックスは性器からのどへ感染するだけではなく咽から性器への感染をすることもあります。またオーラルセックスだけでなく、ディープキスでも感染することがあります。性器クラミジアに感染すると女性の場合には子宮の入り口にある子宮頸管に感染しおりものが増えたり不正出血が起こったりします。不正出血などが起こっていてもそのまま放置してしまうと卵管炎を招き、子宮外妊娠や不妊症の原因となってしまうことがあるので、おりものの増加や不正出血を軽視してはいけません。男性の症状としては排尿痛や尿道のかゆみなどが起こりますが症状が出ないこともあります。そのまま症状が進行してしまうと前立腺炎や血精液症などを起こす原因となってしまうことがあり、無精子症になることもあります。咽に感染した場合には咽が腫れて違和感を感じたり、発熱や咽のリンパが腫れることがあります。クラミジアの治療には一般的にジスロマックを服用します。ジスロマックは1回の服用で効果が長く続き副作用も少ないお薬です。