風邪にも良く効くクラビット錠

風邪をひいて病院にいった時にクラビット錠が処方されることがあります。
クラビット錠は抗生物質の一種で、抗生物質は細菌を殺す効果がある薬です。
いわゆる風邪と言うのは、ほとんどがウイルスに感染して発症するものです。
風邪のウイルスに対する薬は存在しないので、風邪にクラビットなどの抗生物質を処方するのは無意味だとか、飲まないほうが良いという人もいますが、医師が意味のない薬を処方する事はないです。
薬というものは必ず効果と同時に副作用の危険性もあるので、むやみに処方するという事はないので、風邪の時にクラビット錠を処方された場合は意味があるのです。
風邪にも良く効くクラビット錠ですが、ウイルスによる風邪にどうして効くのかというと、現実にはウイルスと細菌との重複感染が多いのです。
細菌にはクラビット錠は強いので、黄色い鼻水などが出ている時など急性副鼻腔炎などの発症がある時は非常に心強い存在です。
もちろん、二次感染予防目的でもあります。
また、クラビット錠はニューキノロン系という抗生物質なのですが、ニューキノロン系の中でクラビット錠は鎮痛解熱剤との相性が良く他のニューキノロン系は鎮痛解熱剤との併用注意な場合もあるので、非常に使い勝手が良いのです。